乳酸菌を用いた商品「プロデンティス」の説明

院長の藤岡です。

ゴールデンウイークが明けて1週間ほどたちましたが、皆様はいかがお過ごしですか?

休み明けは無理をせず、少しずつできることをして、日々を乗り越えましょう。

一日一生ですね。

さて、今回は当院で扱っている乳酸菌を用いた商品の説明させていただきます。

スウェーデンが発祥のBIO GAIA社の「プロデンティス」という商品で、バクテリアセラピーという概念を利用した体に優しい治療薬です。http://www.biogaia.jp/

人の体には約500種500兆個以上、重さに換算すると約2kgにもなる膨大な量と種類の菌が生息しています。

この菌は人に有益な働きをする「善玉菌」。病気や健康トラブルの原因になる「悪玉菌」。普段はどちらでもないけど優勢な菌に合わせて似たような働きをするようになる「日和見菌」の大きく3つに分けることができます。

人体では24時間365日、この「善玉菌」と「悪玉菌」の戦いが続けられており、どちらが優勢かでその人(宿主)の健康状態が左右されていることが分かり始めてきました。

「バクテリアセラピー」(学術名: Bacterio-therapy)とは、善玉菌を利用して体内に常在する菌の質やバランスを改善することで、疾病の予防や治療に役立てる先進医療技術で、スウェーデンのバイオガイア社によって臨床実用化が進められています。

つまり、この製品を使用することで、善玉菌には影響を与えず、悪玉菌をたたき体を正常に戻していこうという考え方です。

因みに感染症には抗生物質や抗ウイルス薬などを用いられ、短期間服用で効果が得られますが、善玉菌までたたいてしまうので長期服用すると副作用が出ます。

「プロデンティス」は長期服用でも問題は出ないといわれています。

また、乳酸菌を利用した商品は、たくさん存在しますが、このバイオガイア社のものはエビデンス(根拠)となるデータが他社と比較してたくさんあり、海外でも良い結果を得ているという点で、他社のものとは違います。

実際には口臭、歯周病などの口腔内の疾患の改善から、便秘の改善、肺炎の予防など多くの疾患での効果があるとされています。

興味のある方は声をかけてください。